アイピルとは
アイピルとは、ピラマル・ヘルスケアが開発した緊急避妊薬です。すなわちコンドームが外れる、破損していた、性犯罪などの場合に望まない妊娠を避けるためによく用いられています。アイピルに含まれている有効成分レボノルゲストレルは受精や受精卵の子宮への着床を防ぐことで避妊効果を実現します。低用量ピルと違って、アイピルは毎日服用する必要はありませんから、便利ですけど、体にかける負担も大きいと言われています。

アイピルの服用
アイピルの服用について、アイピルは緊急避妊薬として事前避妊に失敗してしまった際や、望まない性交を行った際で使われています。具体的な服用方法なら、一般的に性行為後、72時間以内に1錠を水またはぬるま湯で服用します。アイピルを服用後、体内のホルモンバランスの変化を引き起こすことができ、これによってひどい副作用が起こる場合、早めにお医者さんと連絡してください。

アイピルの避妊効果と服用時間の関係
アイピルの避妊効果は服用時間に密接な関係があります。性行為の後、24時間以内で服用する場合、95%以上の避妊効果を得ることができます。72時間以内の服用は75%以上の避妊率と言われています。それで、性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど避妊率が高いです。