图3

アイピルとは
アイピルとは、シプラ社に開発されたアフターピル(緊急避妊薬)です。コンドームが破れたり、望ましい性行為を行ったりすることで妊娠になってしまう可能性がありますから、そういう場合、アイピルを服用したら、妊娠確率を最小限にされることができます。また、アイピルは緊急避妊薬ノルレボのジェネリック医薬品ですが、ノルレボと同じな成分レボノルゲストレルを配合していますから、避妊効果や安全性が多くの人に認可されています。それで、アイピルは今の大人気のアフターピルとされています。

アイピルの避妊効果

アイピルは性行為の後で妊娠を防ぐために使われる避妊薬ですから、普通の低用量ピルと比べて、もっと強い避妊効果があります。アイピルに含まれている有効成分レボノルゲストレルは妊娠に促進効果がある女性ホルモンの分泌や活発を抑制する働きがあります。

また、アイピルは排卵を抑えたり、遅させたりする効果によって、受精作用、また受精卵の着床を阻止することができます。それで、緊急避妊に素晴らしい効果があると認められています。

他には、アイピルの避妊率は100%ではありません。アイピルはアフターピルとしての避妊効果はアイピルの服用タイミングに密接な関係があります。通常、24時間以内で服用すれば、避妊率は95%に達することができます。次は、経過時間が経つに伴って、避妊率がだんだん低くなってしまいます。例えば、25~48時間の場合、避妊率は85%で、49~72時間が経つと、避妊率は58%です。それで、高い避妊効果を得るために、性行為後、できるだけ早めにアイピルを服用してください。

アイピルの危険性
アイピルの働きによって女性のホルモンバランスを変化させることができ、一般的にこの状況はアイピルの効果の実現に従って、治ることができます。しかし、体内のホルモンバランスが大きく変化するため、体にも負担はかかってしまう場合、女性のホルモンバランスが崩れることになって長時期になかなか改善されることができない危険性がありますから、注意してください。

アイピルの副作用として不正出血、頭痛、下腹部痛、傾眠、吐き気などの症状が報告されています。通常、それらの副作用は軽く現れてくることが多いですが、ひどい場合もありますから、前もって知っておいてください。一番注意すべきなのは、ホルモン剤でアレルギー反応がおきた人、肝臓に重篤な障害のある人、妊娠中の人などはアイピルを利用しないでください。

避妊薬の比較

アイピル

アイピル(アフターピル)とは、シプラ社によって開発された今の大人気女性用アフターピルです。ノルレボのジェネリック医薬品です。アイピルの有効成分はレボノルゲストレルで、排卵を抑制したり、受精卵の着床を阻害したりすることで、望ましくない妊娠を回避する効果に達します。

 

 

トリキュラー

 

トリキュラーはバイエル社が製造販売される低用量避妊ピルの一つです。これは、身体にあまり負担をかけない方法で避妊することが可能です。トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオール・レボノルゲストレルとなっています。排卵を抑制する作用、精子が子宮に入りにくくなる作用、受精卵の着床を防ぐ作用、これら3つの作用により妊娠を防ぎます。